新緑のビオトピアウォークの記録

2021年4月20日ビオトピアウォーク

このビオトピアウォークは、3年越しの企画になってしまいましたが、ようやく実現しました。

気温が22度、もう初夏の陽気。コロナ禍にこんな楽しいウォークができるとは思ってもみませんでした。

今回のウォークにご参加できなかった方も、是非行ってほしい所です。


<<画像をクリックすると拡大表示できます>>

いやしの森(竹林)瞑想の広場です。1班の皆さん。皆さんタケノコに興味深々のようでした。


2班の皆さん。あれ!AFが作動しません。こんなところでカメラが故障かと思ったら、AFの切り替えレバーが動いてしまったようです。上記2枚の画像がボケボケですみません。

本来は、こうして瞑想する癒しの広場なんです。緑の竹林がいいですね~!。

これで抹茶などいただけたら最高ですね。

ビューポイント ここから富士山・矢倉岳・金時山などが見えます。

やっぱり富士山が見えるのと見えないのとでは、大違いですね。

この季節こうして富士が見えるのは、ほんとうに運がいいですね。

(下見時の時、富士山を見ることはできませんでした)

おっと!桐の花が咲いていました。

富士山が気に入ったようで、富士山を背景にダイコンの花を撮っていました。

この付近にニセアカシアの木があり、もう少しすると養蜂の巣箱が見られるようになります。

ここは300メートルの銀杏並木です。緑の木陰から吹いてくる風がとても爽やかです。

花粉症ですが、マスクを外しても大丈夫でした。マスクの生活になれてしまったのか、空気がこんなにうまったとは・・。

鳥の声があちらこちらから聞こえてきます。緑のイチョウ並木もいいですね。

イチョウ並木を過ぎると、なんじゃもんじゃの木(この画像は昨年の下見時に撮ったもの)

まだ花が付き始めたばかりでしが、咲いたらこんなに「こりゃ~なんじゃって」ことからついた名前だろうかなんて・・?

しばらく、里山の風景を眺めながら歩いて、サクラパークやアースの広場を経て、ビオトピア(マルシェ)に向かいます。桜はもう終わりでしたが、シャクナゲ、御衣黄桜などが見られました。

緑の美しさだけでも十分満足。 御衣黄桜=緑の花びらの桜で大変珍しい桜です。

ビオトピアに着いて昼食(自由時間は1時間15分)で、こんなにのんびりできたのは、久し振りです。こういったゆとりも、必要なのかもしれませんね。

撮った写真を自慢しあったり、広大な芝生で昼寝をしたり、買い物をしたりと色々でした。

そろそろ休憩時間も終わりようで、皆さん集まってきました。

ビオトピアを背景に記念写真です。ビオトピアは「旧第一生命」の本社屋だったところで、現在はブルックスの施設になっています。

楽しい時間も終わり、帰路につきます。帰路は「香りの広場」を経由し最明寺に向かいます。

もう少し時期が早ければ、菜の花が一面に咲くこのエリアです。

最明寺を見学した後、正門の石段を下ります。モミジの緑がすごくきれいでした。

珍しい緑の花びらの御衣黄桜


ここから先は、住宅地を通って新松田駅へ向かいます。


桜季節のビオトピアはこちらからご覧いただけます