2019年9月13日 宮ケ瀬ダム放流と大つり散策ウォーク記録

暑い夏も終わりようやく終わり、ウォークの季節がやってきました。8月のウォークはお休みだったので皆さんとは一か月ぶりの再会になりました。

今回のウォークコース概要

本厚木集合⇒(バス)⇒半原⇒石小屋ダム(体操)⇒宮ケ瀬ダム(放流)⇒宮ケ瀬ダムの水とエネルギー館(昼食)⇒宮ケ瀬トンネル⇒やまびこ大橋⇒水の郷大つり橋⇒宮ケ瀬やまなみセンター⇒宮ケ瀬バス停(解散)


先ずは宮ケ瀬ダム下にて集合写真。今回は、いきなり集合写真でスタートです。ダムの放流が始まると混雑するので、その前に記念写真だって・・。

やっぱりダムの雰囲気を少し入れないとコンクリートの前の記念写真になってしまうので、皆さんが小さくなってしまいました。


ダムの下の橋の上で待ち構える皆さん。観光放流時間は6分間です。

2つの口から放流されます。片側だけで毎秒15トンの水量(✕2)で、毎秒30トンになります。

とはいわれても・・

待ちに待った放流開始です。


放流を見終えた後はダムの上に昇ります。

ダムの上部に昇るにはインクライン(有料)で昇るか、ダムの内部のエレベータで昇るか選べます。

きっとどちらで行きますか~なんて、確認しているシーンでしょうね?


ダムの上部の水の郷エネルギー館(昼食予定場所)では、先に役員が行って待っています。

今はやりのダムカードと案内資料を、人数分用意しています。


<ダム内部の写真は、暗くブレブレ>失敗しました。


昇ってきた方にダムカードとダムの資料を配布。

ところが、沢山余っています。いったいどういうこと?? 行方不明?


ダム下で点呼をして全員いることを確認したはずなのに・・。

インクラインもエレベーターもとっくに到着している時間です。

しばらくすると、インクラインの横から8名の方が、階段を登ってきたのです。

あっ!そう言うことですか・・まさか階段で登る人がいるとは想定外でした。

すごいですね~!


この画像は、過去に取り置きしたものです。今までここから登ることは禁止だったもので・・。

事前に知っていれば・・

左がインクライン、その右が階段です。

昼食を終えて再び歩きます。ダムサイトの駐車場付近。


2班のグループでしょうか。3班まで手(足が)回らないのですみません。


しばらく車道を歩きます。やまびこ大橋まで3ヵ所くらいの長いトンネルもあります。

湖水の風景を見ながらしばらく歩きます。

途中見慣れない雑草の花が沢山。ススキを摘んで行く人も・・そういえば確か今日は中秋のなんとかとやら・・。



<やまびこ大橋を渡るシーンを撮りましたが、あまりにも皆さんが小さくなってしまって省略>



水の郷大つり橋を渡ります。全長315メートル。つり橋の上は湖面からの風が涼しくて気持ちよかったですね~。


こんな人も


こんな人も 


こんな人も  


この後は、水の郷交流館に立ち寄り、解散予定のバス停に向かいます。


つぎの予定は、鎌倉ウォーク、大野山ハイク、大山登山と続きます。


尚、大山登山の企画については事前申し込みが必要になります。

申し込み方法については、「観ボラニュース 8月・9月号、3面」に掲載。



いせはら観光ボランティアガイド&ウォーク協会

伊勢原市を拠点とする観光活動を推進するボランティアガイドです。 伊勢原市周辺の観光案内や観光ガイド、ウォーキングなどを開催。

0コメント

  • 1000 / 1000